訪問教育

戻る

家庭、福祉、医療等の関係機関との連携を深めながら、次の目標を設定する。

(1)健康を維持し、体力の増進を図る。

(2)人とのかかわりを深め、自己表現ができるようにする。

(3)五感を中心に感覚機能を高める。

(4)生活空間を拡げ、社会性を養う。